エコノミークラス症候群対策のレッグサポーター、防災備蓄品として寄贈

2月10日広島県庁内で一般医療機器レックサポーターをエコノミークラス症候群対策の防災備蓄品として寄贈しました。

コーポレーションパールスターからの「レッグサポーター」の寄贈について

2016年7月から販売開始、同年4月に熊本震災でエコノミークラス症候群が話題となりました。

この年の5月からの販売で準備をしていましたレッグサポーターでしたが熊本県宇城市に寄贈、広島県医療チームにより現地に運ばれました。

3日後です。

〇きつくなく、気持ちが良い

〇暖かいのでよく眠れる

〇ふらつきが減り歩くときに安定感を感じるようになった

〇むくみが軽減した

〇心不全で浮腫みやすく弾性ストッキングを着用、就寝時はレッ

グサポーターを着用

〇足回り周径を計らないで配布できたのでスタッフに負担がかか

らなかった

等と好評で追加要請がありました。

このことがきっかけとなり当社の上位3本の指に常に入る売れ筋商品に育ちました。

着用前              着用30分後

 

▲このページの上部へ戻る