「右と左まちがわずはける「色が簡単にわかるくつ下」

平成17年の6月、岡山市で行なわれた福祉用具研究会であぜ編み靴下とリュウマチ患者さん

向けで新開発した指先に引っ掛けて履く靴下を展示しました。

この指かけ式の靴下を触りながら

「履きやすそうで、なかなか良いアイディアですね」

そして

「視覚障害者の皆さんは右と左が同じ色になっているか気にされ、そのため同じ色のものを

買われます]

「見えないからこそ色々な色を楽しみたい。この技術を応用して左右同じ色がはける靴下を開発してください。」

「ユニバーサルデザインで小売価格は800円までで」

初対面なのに注文の多い人だなと思いつつ名刺交換をしたところ

大学の先生でした(広島国際大学 坊岡助教授)。

 

2ヶ月余りで10種類ほどの試作品を作り、先生より紹介された視覚障害団体でモニタリング、

1ヵ月後

「私は点字をやるのでわかりました。しかしできない方はわかりませんでした」

「視覚障害者は約33万人で点字のできる人はそのうち約1割、糖尿病が原因で

視覚障害になる人が多いので年をとっての点字習得は難しいです。

それにしてもこの靴下、踵の方向がすぐわかり蒸れなくて履きごごちがいいので重宝しています」

視覚障害者の方々の現状を十分把握しないで試作した事に赤面の思いでした。

 

これをご縁に数多くの助言をいただきながら多くの試作を行いました。

「これなら点字ができない方でもわかるでしょう。知り合いの老盲人ホームに同行しますので

皆さんに評価してもらいましょう」

 

10人の点字ができない方に集まっていただきました。

「これは3本ですね。何色なのですか」 「ピンクです」

「アッ、わかった2本だけど何色ですか」 「グレーです」

「○○さん、あんた派手好みだからピンクにしたら」

「派手すぎるので無難な1本の黒の方がいいわ」

このような会話が続くなか

「目のみえない私たちがこのような会話ができるなんて夢のようです」

「私たちのために良い靴下を開発してくださりありがとうございました」

帰りの車中で

「専務さん、ご苦労様でした」

こみあげるものがあり、返す言葉がでませんでした。

 

後日、アカデミィー賞受賞のレイチャールズの映画を夫婦で鑑賞した時でした。

レイチャールズ氏が公演にでかける準備で靴下をバックに入る時の息子との会話で

「パパ、そんなにいろんな色の靴下を持っていくと色を間違って履いてしまうよ」

「ママが番号を付けた刺繍をしてくれてるので間違わないで履けるんだよ」

のシーンで

私の手にそっとおいてくれた女房の手の温もり、女房は記憶にないそうです。

 

P11-1紳士用 24~26cm 色:黒 コン グレー カラシ婦人用 22~24cm 色:黒 コン グレー カラシピンク ミント

生産国:日本

品質:綿85% ナイロン10% ポリウレタン5%

・日本リハビリテーション工学協会福祉機器コンテスト2006「優秀賞」受賞・東広島市

「平成17年度産学官連携支援事業」採択

意匠登録権3件

登録権者

広島国際大学 坊岡 正之

株式会社コーポレーションパールスター

広島県

 

日本点字図書館さんでお取り扱いいただいております。

 

p13

 

▲このページの上部へ戻る